治らない病を治す

愛着障害・双極性障害・パニック症・トラウマ性発達障害・小児期トラウマ・パーソナリティ障害・複雑性PTSDを克服する~虐待サバイバー、HSP、解離性障害、婦人科系疾患も当事者です٩( 'ω' )و  

分かってもらえるなんて嘘&ドラゴン桜が地味に暴露療法

深夜のつぶやき。

結局、小児期の家庭トラブルのせいで

「精神病患者」やメンヘラにされた人は、

確かに自分のせいでもないし

何で200万円以上かけて10年スパンで治療せにゃいかんのか意味不明だけど、

 

たった一人で、

腹をくくって、

自己責任と自分のカネで、

誰にも頼ることなく、

ファクトとエビデンスベースで、

悲しみや怒りや憎悪や不安に飲まれず、

 

治すしかない。

 

親に甘えるのは論外ですし、

恋人に甘えても共依存で詰むし、

セラピストやカウンセラーも守銭奴じゃない良質な人を見抜かないとだし、

精神科医は3分診療だから全く当てにならない。

 

その経過を数年かけて理解して、

孤独に戦うしかない、と

本気で腹をくくれたとき、

精神病患者にされた人生の歯車は逆回転し

精神病患者でないルートが登場します。

 

 

私は外交的で社交的な性格のため、

恋人や仕事や友達、趣味に依存し、

特に恋人とはズブズブの共依存になっていました。

 

けれど、本当に覚悟を決めた時、

「私は一人で病気と闘う。君は巻き込まれる前に逃げてくれ」

と言ったんです。

こんなクソみたいな泥試合、

完全に育って人生順風満帆の人を巻き込むべきじゃ無いと思った。

それが相手に出来る唯一にして最後の恩返しだと思ったから。

 

幸にして、過去多くの男性に逃げられて来ましたが、

残ってくれた人もいます。

けれど、一般的な優しい人は、

外ヅラは笑顔・元気・明るいリーダーの裏に

多重人格やらパニックやら鬱やらが隠れている現実に脳が追いつかない。

 

百年の恋も親のシゴキのお陰様で

一体何回うたかたの如く弾け去ったか。

 

今でも付き合いのある人は

本当の意味で頭の良い人なのでしょう。

友人として残ってくれた人も含め、

私は彼らと、病気をへとも思わないタフな親友に感謝を捧げたい。

 

 

でも繰り返しますが

親のせい、恋人のせい、環境のせいにしているうちは、

病気との共依存状態です。

共依存から自分が抜けない限り

決して病気からは抜け出せない。

それが小児期トラウマの異常なほど辛い現実です。

 

みんな手を差し伸べてくれる。

この世の人は案外優しいのです。

 

けど、その手に甘えてたら前に進まない。

敢えて相手を傷つけてでも自力で一人でやらなきゃならない時がある。

そのためにボディワークで安心安全感を作り続ける。

自分の心と身体が仲良くなった時、

優しい人とのお別れが待っています。

 

そう思えたのも暴露療法がジンワリ効いているから。

 

ドラマ・ドラゴン桜を観ると

記憶は無いのに涙がボロボロ出ます。

あの頃何もかもすべてアベコベで

今私が生きている人生は

少しもあの頃望んでいたルートじゃ無い。

それでも毎日楽しそうにヘラヘラ生きている。

 

あの頃、センター試験で国語Ⅰを解いていなかったら、

私は多分、東大文科三類に入ってしまっていたでしょう。

二次試験はC判定で不合格になっています。

センター足切りギリギリで滑り込み、

高熱出しても割とギリギリの不合格。

二次本番はかなり点が取れたと思われます。

 

そもそも行きたくない学校に行った上に、

勉強教えてくれてた当時の彼氏は浪人、

自分だけ現役合格なんて洒落にもならない。

激昂されてモラハラの限りを尽くされて速攻で別れ、

「え、あたし何でここにいるの?」

アノミー状態になったでしょう。

 

人間万事塞翁が馬と言います。

私はあの時、浪人出来なかった理由を、

「浪人もせず滑止め私大に逃げた負け犬」

と同級生や先生に自虐的に説明していました。

実際は親が鬱で失業していたことを隠していたから。

 

因果応報ですね。

通った私大では、会話の位相の合う友人はほぼ居ませんでした。

だから教授や大人とつるんでいた。

自虐も強ち間違ってなかった。

 

その悔しさをバネに鬼のように勉強した。

サークルやNPOもやりまくった。

インターンした。就活した。

気づいたら、あの頃師匠と仰いだ元彼は

確かに東大には行ったけれど、

遠く遠く道は離れ、二度と交差することはなく

辛い思い出は幸せな記憶に塗り替えられずに時は過ぎ、

私の記憶から完全に消えたんです。

 

記憶を失ってから、

何度か連絡をもらっていたようでした。

ですが何もかも遅すぎました。

かように成長とは残酷です。

成長とはシナプスの刈り込みであることを感じます。

 

記憶は無いけれどきっとその時も

「運命を拓くなら退路を断たねば」

と、甘えを断じて退路を絶ったんだと思います。

そこで甘えたら普通のメンヘラ。ただの自己愛。

女の幸せに甘んじなかったこと、

一般的な偏差値至上主義に乗らなかったこと、

私は自分の人生に◎をつけてみたいです。

 

親や他人のせいにするのは安易。

仕事や恋愛に身を委ねるのも安易。

薬漬けで医者を恨むのも安易。

叶わなかった夢に逃げ込むのも安易。

けど私は違うルートをガリガリ開拓します。

 

あー、それにしても、18の私、

嘘つき過ぎて自分でも本物の嘘つきなんじゃ無いかと思うくらいです。

多分、嘘つくことに脳みそ全部持ってかれて

年号や人名が入らなかったんだろうなぁ〜。

サイコパスと違って私は嘘つくと激しく脳を消耗します。

 

ドラゴン桜様、すごい素敵な暴露療法になってます。

ありがとうございます♪

やっと東大トラウマから逃げだせました。

バカとブスじゃなかったから行かなかったんだって思うことにします笑。

東大のビリより、滑止めのトップの方が良かったと信じます。

 

よし、明日も逆境をガンガン乗り越えて、

泣きたい夜は一人で泣いて、

書きたい夜は一人で書いて、

明日からまた笑顔の大盤振る舞いじゃー!

サービスサービスぅ(o^^o)

© 2020-2021 治らない病を治す All Rights Reserved.icon Illustrated by 雪太郎