治らない病を治す

愛着障害・双極性障害・パニック症・トラウマ性発達障害・小児期トラウマ・パーソナリティ障害・複雑性PTSDを克服する~虐待サバイバー、HSP、解離性障害、婦人科系疾患も当事者です٩( 'ω' )و  

花粉症対策 実録・慢性鼻炎はほぼ治りました

花粉すごいですね……でも今年は鼻水とくしゃみは出ません☺️

慢性上咽頭炎が、ほぼ治ったからです!

これまでは鼻の粘膜が過敏症状態で、

どんな小さな外敵も鼻水くしゃみアタック!

してましたが、今は平和。

 

何をしたかというと、地道に一日一回以上、

外出から帰ったら必ず即時、

規定通りの分量と温度で「サイナスリンス」しています。

 

 

外出先でもこまめに「サイナスミスト」で汚れや固まった鼻水を

食塩水で柔らかくして排出しただけです。

初心者の方は食塩濃度薄めの方から始めて、次にトニックに行きましょう。

 

トニックの方は食塩濃度が高く、鼻水を排出する力が強力ですが、最初は痛いかも?

痛いのが苦手な方や不安な方は青い方から始めてみてください。

 

サイナスリンスは大容量がお得なのでリンク貼っておきます。

 

さらに、たまに馬油を塗った清潔な綿棒で、

鼻の中を優しく拭き取りしています。

粘膜を覆う粘液の中には、細菌による膜が張られていることもあるので。

馬油は鼻に使っても良いとパッケージにも書いてありますので安全。

 

あとは漢方薬も効きました。

蓄のう症までは行かないけれど、

副鼻腔炎と言って、鼻にある無数の空洞に炎症が起こっていたため、

それを抑える漢方に助けていただいています。

 

重要なので何度も書きます!! 慢性上咽頭炎を治すメリット

①マスクしていても空気がたくさん吸える

→解離しない→頭痛やボンヤリが起きない

②花粉症でも目にしか症状が出ない

③最大のメリット! 眠りが深くなる

 

寝ている間って呼吸数が減りますよね。

すると、慢性鼻炎の方は、

・口が空いて口呼吸になり、イビキをかく

 →家族やパートナーとの関係がもつれがち

・鼻呼吸ではあるけれど酸欠で眠りが浅い

 →よく眠れていないので鬱病になりやすい

 

だから慢性鼻炎を放置すると、あらゆる心身の不調に繋がります。

鼻の奥って、最初の免疫ポイントなんです。

そこがうまく機能しないと自律神経系の支配にあるものが全部機能が悪くなる。

もちろん脳機能もです。

解離が解けてきたのは、鼻の通りがよくなったことが大きいですね。

 

花粉症で鼻が詰まって辛すぎる方のお役に立てれば幸いです。 

 f:id:hachisanta:20200515142054j:plain

✨励みになるので押していただけたら嬉しいです(*´-`)

 

 

👀コロナ対策グッズや参考文献を随時更新中👀

治らない病を治す@realptg.comのROOM

 

✨オンラインでカウンセリングします

長引く病気・症状に。知識×実体験で寄り添います

© 2020-2022 治らない病を治す All Rights Reserved.icon Illustrated by 雪太郎