治らない病を治す

愛着障害・双極性障害・パニック症・トラウマ性発達障害・小児期トラウマ・パーソナリティ障害・複雑性PTSDを克服する~虐待サバイバー、HSP、解離性障害、婦人科系疾患も当事者です٩( 'ω' )و  

「分かってもらえない病」ーー自己肯定じゃない、自己受容だ!

私は、ほとんどの虐待、モラハラパワハラや、自己愛憤怒は、

この「分かってもらえない病」のせいだと思っています。

これは誰もが抱える病いですが、発達障害だと非常になりやすいと感じます。

以下解説します。 

 

まず、発達障害の人は「神経の発達が他と違う」ので、当然ですがものの感じ方が違います。

感じ方が違えば、頭での認知が人と変わります。

その経験が積み重なっていくと、こういう疑問が湧きます。

 

「あれ、私、何を話していてもみんなと分かり合えてない?」

「僕の脳内を勝手に分かってくれる訳じゃないんだなあ。」

「みんなは楽しそうに話してて羨ましいなあ、寂しいなあ」

 

この疑問まではみんな同じです。

小学校時代誰もが思うはずです。

ここで、自他の区別がつき、思いやりの心が育ち、大人になっていきます。

 

 

ここで道が分かれます。

「僕は100%シンクロして分かってくれる人を探す! いや、分からせてやる! 将来のヨメなら理解するだろ!」

発達障害由来のモラハラルート

「私はみんなには理解されないから、みんなに合わせて生きよう」

→自己肯定感爆下がりの被害者ルート

「俺のことはどうせ誰も分からないから、オタクで二次元さえあればいーや」

→二次元オンリーのファンタジーガチオタクルート

「私は理解されない被害者! 理解しない社会が悪いの! とっちめてやる!」

モンスターペアレント、虐める姑やお局様ルート、他人のせいにする系モラハラ 

以下、こちらで全文アップしております(*^▽^*)

realptg.com

✨励みになるので押していただけたら嬉しいです(*´-`)

 

✨オンラインでカウンセリングします

長引く病気・症状に。知識×実体験で寄り添います

 

✨お役立ちアイテムや本をまとめてます

治らない病を治す@realptg.comのROOM

 

✨ 本ブログの参考文献

身体はトラウマを記録する―脳・心・体のつながりと回復のための手法

レジリエンスを育む―ポリヴェーガル理論による発達性トラウマの治癒

小児期トラウマがもたらす病

脳とホルモンの行動学

f:id:hachisanta:20201223183243j:plain

発達障害解離性障害の人の書いた絵@銀閣

 

© 2020-2022 治らない病を治す All Rights Reserved.icon Illustrated by 雪太郎