治らない病を治す 愛着障害・双極性障害・パニック・第四の発達障害・複雑性PTSD を克服する

トラウマ、HSP、人格障害、解離性障害、婦人科系疾患も当事者です٩( 'ω' )و  

リアルPTGは「成功教」とは違います

f:id:hachisanta:20200612222502j:image

昨日、某有名心理学YouTuberさんの放送を聞いていて、背筋が凍りつき、怒りで震えている自分がいました。

「成功」「自由な時間」「社長になる」「お金」「評価」「モテ」「フォロワー数」?

そんなことはどうだって良い!

 

本ブログで伝えたいのは、そんな「偽PTG」ではありません。

ーーいえ、ハッキリ申し上げますが、

それは「PTSDをこじらせた」状態です。

幼少期の虐待やいじめなどのトラウマ体験をバネに、どうしていくか?

これは本人の生き様が素直に表れます。

そこで、身の丈に合わない「成長」「地位」「自由」「有名になる」を求めたところで、

自己愛性人格障害者になってパートナーに暴力奮って人生オワコンになるだけです。

realptg.com

 

そうじゃない、そうじゃないんですよ。

人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん

知足安分 われただ足を知る

無知の知 おのれの未熟さを知っている

これなんです。

realptg.com

 

私も心理学や精神医学や神経生理学をベースに記事を書いていますが、

ハッキリ言って小児期トラウマサバイバーじゃない人が無理やり解離テクニックを使うのはやめた方がいいです。

ナチュラルに出来なくて結局ストレスが溜まって、

結局それを他人にぶつけずにはいられなくなるから。

 

ナチュラルに解離ではない人が、

解離して成功した人の哲学をいくら学んでも意味がありません。

だって出来ないから。

それは両手でピアノを弾けないアラサーの私が、ショパンに憧れるくらい馬鹿げています。

 

PTSDからくる身体の不快な症状を、

「良い学校」「良い会社」「出世」「フォロワー数」という

分かりやすい勲章で埋めるのも超危険なのでやめた方がいいです。

こういうのは偽ポジティブ心理学です。

だから、金も地位も女も名誉も得た有名人が不倫したりDVしたりするのは、

それはトラウマとしっかり向き合わないせいで永久に「衝動」が繰り返し襲ってきて、

そのたびに「評価される」「称賛される」という強烈で爆烈なドーパミン体験をしないと生きるのが苦しくて堪らなくなってしまうから。

 

 

違うんだ、違うんですよ!

1000年以上、日本人を救い続けてきた仏教はなんと言っておられるか。
足るを知れ、と。
満足を知れ、と。


哲学の父 ソクラテスは2000年前になんと言ってもおられるか。
無知の知だ、と。
己の無知を自覚して生きろ、と。
弱さと向き合い、謙虚に、万能感に囚われず生きろ、と。


外ヅラと「勲章の数」は最強な自己愛人間と、
足を知り謙虚で心の安定した悟りを目指し続ける人間と、
あなたはどちらをパートナーに選びたいですか? 親友にしたいですか?
ーー親にしたいですか?


PTGという言葉は、私的解釈では「悟り」です。
禅宗では「悟り」は常に目指し続ける態度のことであると説いています。
その先にゴールや金メダルや勲章があるかどうかはどうでも良くて、
そうじゃあなくて、
「悟り」を目指して「善く生き続ける」人のあり方そのものを修行だと言うのです。
これはアメリカの定義によるPTGよりはるかに納得のいく説明です。

何度でも言います。
トラウマを乗り越えるために成長をするのは良いことですが、
その結果として、万能感に囚われ、「他人下げ自分上げ」のdisりに熱中し、分かりやすい浪費行動でしか自己充実感を持てない人間は、
PTG(心的外傷後成長)ではありません。
それは逃げているだけです。
本質的な問題ーーそれは多くの場合、親または自分の弱さと向き合うことーーから逃げているだけ。

胸に勲章をぶら下げて見せびらかして歩く、ニーチェの言葉で言えば「奴隷」です。
自己愛性パーソナリティ障害者が競ってバカにする「普通の人」は、
ニーチェの区分では「末人=普通の人」より下です。
私もそう思います。他人をいじめる人間は、人の形をした「自己愛の奴隷」です。

本人たちは
超人
獅子
畜群
末人
奴隷
という段階論の獅子にいるつもりのようですが
それは無知の知を無視したがゆえの傲慢さ、
無知さ、浅ましさ、軽薄さ、薄っぺらさです。
私が目指すのはあくまでも超人です。
たとえ今奴隷だとしても、一生かかっても、超人や悟りを目指す覚悟でいます。

たとえそれがどんな美男美女だろうと、
たとえそれがどんな偉い企業家や学者だろうと、
ヒトとして犯してはならない当たり前のことを犯してまで
己の未熟さから逃げて逃げて逃げて逃げて逃げ続ける様は、
見苦しいと言う言葉以外では表現のしようがありません。
資本主義社会じゃなければ確実に村八分にされただろう身苦しさです。


メンタルケア心理士と専門士を目指す者として言いたいのです。
学問は、人類の敵と戦うために作られたものであって、
己の未熟さを見るのが怖くて逃げ続けるために、
逃避行を手助けしてくれる便利グッズではありません。
本来の目的とは違う使い方をすると、未熟な身体と心が副作用についていけなくなり、
副作用の強さから更に自己愛に逃げる結末を迎えます。

realptg.com


便利グッズなら便利グッズという商品がきちんと用意されています。
占いはとても長い歴史と伝統がある「一時逃避の手段」です。
宗教もそうです。歴史と伝統ある逃避のお助け薬です。
最近では、ヒーリングやスピリチュアルや自己啓発コーチングなど、
病識や反省ではない方向からのアプローチも充実しています。
こういう商品パッケージを上手に使って、
時には逃げて休息し、
時には全力で己と戦って、
その繰り返しがPTGなのです。

「いつも素敵な俺イメージ」にこだわるのは止められませんが、

ヒトという動物は所詮、炭素と水素と窒素と鉄とカルシウムと……から出来た有機体です。

歳をとれば遺伝子が劣化していく。

しょせん、そんなもんなのです。

無限の美とか、無限の名声とか、そんなのは無理なのです。

資本主義社会が見せたマボロシ

マボロシを全力で追いかけているうちに裸で樹海に迷い込んで森にどなりちらしているようなものです。

 

自己愛人間が理解できない方は、

彼らは見えないVRを取り付けていると想像してみてください。

そのVRでは、こんなイメージのフィルターがかかっています。

  みんなから無条件にチヤホヤされて当然

  努力と成長と名誉と地位が確保され

  他人はすべて下、自分は雲の上

  生まれた時から自分は才能が特別

  美しいものに囲まれてたい

  面倒なことは奴隷がやるべき

  だって自分はオンリーワンの特別な存在だから

 

すべてのものごとは、この見えないVRを通して解釈されます。

だからこちらの言うことが正確に伝わることはまずあり得ません。

なので、私は占いやコーチングから入りましたが、

万能感を否定しない、一切傷つかない範囲で、

その変ちくりんなVRグラスを外させるという作業が必要なのですね。

 

このブログを読んでくださっている方は

心がしなやかで優しい方が多いはずです。

だから私は占いをお勧めしているのです。

自分がどんな色眼鏡をかけているのか、

占いなら素直に受け取れますよね。

 

ただ、本気の自己愛性パーソナリティ障害者には、占いは通用しないかもしれません。

まして精神科のカウンセラーのことは当然のように馬鹿にして見下して言うことを聞かないので、

私は「コーチング」がオススメです。

 

私もベテランのプロコーチがお知り合いに数人いて、その人関係で結構いろんなセミナーに顔を出していました。

コーチングは過去を探りません。

つまり自己愛性人格障害者の弱いところ、プライドを傷つけること一切なく、

「もっと稼ぐ男になる」「もっと良いママになるため」と言いながら、

さりげなくさりげなくさりげなくさりげなくさりげなく、

本人も気づかないうちにゆっくりそーーーっと、

自己愛VRを外してくれます。

ちょっと値段はかかりますが、

自己愛VRさんが、一足飛びにいきなりDV更生プログラムに通う胆力があるとは思えません。

 

自らの罪を正面から向き合うのはその後です。

順番と時間が必要です。

実体験から言うと、心から反省の言葉を言えるようになるまでには、

3年待ってあげて欲しいです。

3年も尊敬できるコーチとともにもがき続ければ、

無知の知くらいまでは何とかたどり着けるはずです。

 

詳しくは本編で。

取り急ぎドラフトでした。

 

励みになるので押していただけたら嬉しいです(*´-`)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

 

✨ 本ブログの参考文献✨

     

ぐっすり眠りたいアナタへ!【快眠プラス】