治らない病を治す

愛着障害・双極性障害・パニック症・トラウマ性発達障害・小児期トラウマ・パーソナリティ障害・複雑性PTSDを克服する~虐待サバイバー、HSP、解離性障害、婦人科系疾患も当事者です٩( 'ω' )و  

【お知らせ】姉妹ブログにも遊びに来てください(*'▽')

ニックネームが「はっち」になっておりますが、同一人物です。

アドレスはこちら!

治らない病を治す サバイバー当事者による駆け込み寺

 

 ✨ 本ブログの参考本です

身体はトラウマを記録する―脳・心・体のつながりと回復のための手法

レジリエンスを育む―ポリヴェーガル理論による発達性トラウマの治癒

小児期トラウマがもたらす病

脳とホルモンの行動学

 

 ✨励みになるので押していただけたら嬉しいです(*´-`)

子ガチャをミスると家が滅びる

親ガチャ親ガチャって大流行ですけど、

ぶっちゃけ子ガチャミスった方が痛手大きいですよね。

(ここで言いたいのは障害の有無や能力の高低ではなく、

人として道徳やモラルの点で終わってて親の言うことも聞き入れない、

人間的にどこに行っても何をしても相手にされない成人の子供ことです。)

 

親を扶養する義務は子供にないから、捨てようと思えば捨てられます。

けど子供を養育するのは義務なので捨てられません。

周りでもギャンブル中毒だとか犯罪繰り返して親に集る人いますけど、

いくら育て方失敗したとは言え、何もかも親のせいにするのも違う気がします。

だって子供とはいえ一つの別人格で、意思もあるのだから。

それが18歳超えているなら尚更。

 

でも、戸籍から抜かない限りは扶養の義務がある。

ミスった子供が犯罪を重ねれば報道陣が来るし、

借金を重ねれば怖い人が取り立てに来る。

子供は結婚して名前変えるとか、独立世帯にするとか色々あるけど……。

 

子育ての大事な局面って、実は5歳くらいまでにピークがあります。

脳科学発達心理学を紐解くとおおよそ、そうなってます。

でもその頃ってまだ親も試行錯誤だし未熟な可能性もあるから、

悪気なく、無知ゆえにミスることはあると思うんです。

また、夫婦といっても別の人間なので、

自分が見ていない所でパートナーがミスってる、という可能性は大いにある。

夫婦だからって全ての子育ての情報を共有できる訳でも無いですし。

それが10〜20年のタイムラグを経て、

自分の子育ての採点結果が見せつけられるんですよね……怖い。

 

うちの親も悪気があって子育てミスった訳じゃありません。

全力の善意でもって、全力で子育て間違えたから、娘が障害者になった訳です。

私のケースでは、偶然がめちゃくちゃ重なってグレなかったし反社会性パーソナリティにならなかっただけで

私自身が「ミスった子供」になる確率は7:3くらいでミスる側が多かった気がします。

たまたまミスらず来れただけで……。

転校とか無かったら、ヤバい反社系になってた可能性はゼロじゃ無いと背筋が凍ります。

 

もし自分に子供がいて、その子供が学校ではいじめっ子をし、大人になって会社ではパワハラをし、

挙句には暴力事件で逮捕され無職になって借金こさえて自分に取り立てが来たら……!

泣いても泣ききれませんね。

20年前の自分の子育てを後悔して恨むくらいしか出来なそう。

世の中の親御さんが教育に熱を入れられるお気持ち拝察します!

加害者の親として後ろ指をさされるのは辛いだろうなあ。

 

親ガチャミスっても、一応児童相談所や里親システムというセーフティネットがあります。

もっとも、多くの場合は祖父母宅や親戚が養育していますよね。

けど、子ガチャミスった親御さんの逃げ場ってあるのかな。

あまり思いつかないのでご存じの方は教えてください。

ミスってる子供を受け入れてくれるのは児相か少年院ですが、

問題はいずれも実害が出て初めて一時的に預けられるだけで、永久ではないんだよなぁ。

 

くれぐれも重要なことなので再度書きますが

先天性の障害や、特定の能力の高低、その子の美醜を指しているのではなく、

最低限社会で生きるための善悪の心、良心、チームワーク、モラル、マナー、礼儀作法を

親がいくら教えてあげても全然身につける意志の無い子供をガチャってしまった場合のことです。

つまり、子供が自ら、アンモラルに生きることを選択してしまう遺伝子タイプを持ってしまった場合、

または、親の善意の教育が裏目に出続けて、子供が反社会性パーソナリティになってしまった場合。

 

以前、ウルトラエリートキャリア官僚さんが引きこもりの息子を殺害する痛ましい事件があり、

その動機が「息子がいつか殺人を犯すと思った、だから自分が殺すしか無いと思った」と仰っていて……。

その40代引きこもりの息子さんが本当に殺人鬼になる人間だったかはともかく、

ミスってしまったら殺すしか責任を取る方法って無いのかとすごく悲しくなったんです。

ずーーっとこの問題が心に残り続けています。

何もかも親の教育のせいにするのは難しいんですよね。

研究途上ですが、親の影響って1〜2割と言われており、

半分は遺伝子、3〜4割は友達や居住エリアなどの環境と言われてます。

 

うーーーーん。

なんかこう、もっとバシッと子育てってマニュアルにならないのかしら。

どんなに貧乏で学のない家庭でも偉人を輩出することもあれば、

日本で最高峰の教育をほどこしても、みんなかは嫌われるゴミになることもある。

私にはこれがマジで不思議です。

東大に入れれば性格やモラルの点で社会適合的な人間になるかと言えば、ノーです。

モラルが終わってる東大生の醜聞は掃いて捨てるほどある。

 

教育格差ってカネがすべてなようで、

全然カネは関係なさそうな点も興味深い。

水野南北さんの言うように、人格を規定するのは食事なのかも。

暴飲暴食偏食してるから、金持ちのボンボンは性格終わってる人が多めなのかしら。

その点、私の家庭は厳しい食事制限のために超絶粗食で

暴飲暴食とは一番遠かったんですね。

それで自制心がついたのかも?

母親がNO自制心なのは、実家が裕福でお菓子食べ放題の幼少期だったから?

これはかなり当たりっぽい気がしています。

友人知人でファストフードや揚げ物や焼き肉を頻繁に食べる人で

自制心が高い人って見たこと無いんですよね。

 

いい意味で自己責任という言葉が浸透して、

不幸せな人が減ると良いな。

© 2020-2021 治らない病を治す All Rights Reserved.icon Illustrated by 雪太郎